イスム TanaCOCORO[掌]シリーズ天燈鬼は、その独特なデザインと歴史的背景で人気のある仏像フィギュアです。
天燈鬼興福寺に安置されていることで有名で、その由来や作者についても興味深い情報がたくさんあります。

天燈鬼は、興福寺の南円堂にある一対の像の一つで、その作者は運慶の弟子とされています。
天燈鬼立像は、足元に小さな鬼を踏みつけながら、灯火を掲げる姿が特徴的です。
この像は、その威厳ある姿と細部にわたる精緻な彫刻が多くの人々を魅了しています。

天燈鬼の読み方は「てんとうき」で、その名の通り、灯火を掲げる鬼として描かれています。
興福寺にある天燈鬼立像は、その歴史的価値と芸術性から、仏教美術の重要な作品とされています。

天燈鬼は、その威厳ある姿から「かわいい」とは一見思えませんが、実際にはその小さな鬼や表情のディテールに愛らしさを感じることができます。
これはTanaCOCORO[掌]シリーズの特長でもあり、仏教美術の深い魅力を日常生活に取り入れることができます。

興福寺の天燈鬼立像は、その美しさと歴史的価値から多くの人々に愛されており、TanaCOCORO[掌]シリーズのフィギュアでもその魅力を感じることができます。
このフィギュアは、仏教美術のファンだけでなく、インテリアとしても優れた選択肢です。

公式ウェブサイトでさらに詳しい情報を確認し、TanaCOCORO[掌]の天燈鬼フィギュアを通じて、日本の伝統的な仏教美術の魅力を再発見してください。


TanaCOCORO[掌] 天燈鬼


仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】