路傍の石仏 > 磨崖仏

地点区分:磨崖仏

  • 平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻された臼杵石仏。 地名によって、 ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏) ホキ石仏第2群 山王山石仏 古園石仏 の4群に分けられています。 ちなみにホキとは「崖」という意味の地名だそうです。 臼杵・佐伯のホテル・宿泊施設はこちら...
    詳しくはこちら

ご挨拶

苔むした石仏 黙して語らず
私はそんな石仏のいる風景・表情に魅せられ、野に山に訪ね歩いています。
定年後はカメラ片手に好き勝手な毎日ですが、石仏を眺めていると心安らぐのです。
ただ眺めるだけです、そして撮るだけです。
遠い過去からのメッセージを感じつつ。

検索