路傍の石仏 > 磨崖仏 > 大分県の磨崖仏

地点区分:大分県の磨崖仏

  • JR久大本線、古国府駅から東へ 600m :大分県大分市元町 「石佛の王者」と言われた像高 3mほどの如来形座像が丸彫りに近い形で鎮座しています。 左頬の下部が少し剥落しているが整った螺髪、伏目て締まった唇など、王者の貫禄?を何となく感じます。 左右に多聞天立像・不動明王立像などが刻まれて...
    詳しくはこちら
  • JR豊肥本線、敷戸駅から西へ 5km :大分県大分市口戸 丘陵中腹の岩肌をくり抜いた間口 10mほどの石窟の中にあります。 岩のゲートを設けた石段を登ると岩柱を彫りだした石窟です。 窟内に三つの龕を造り中に一体ずつ像を刻んでいる。 当時の色彩跡?が残るが、像の風化剥落は激しい。 ...
    詳しくはこちら
  • JR豊肥本線、滝尾駅から南西へ 1km :森岡小学校裏 森岡小学校は大分川右岸の小高い丘陵の上に建っている。 カーナビは小学校の正門まで案内し道が途切れた。 その時坂道を登って来る親子(先生と児童でした)の姿が、、、、 磨崖仏は裏門から細い道を下った所ですョ、案内します!、と言いながら校...
    詳しくはこちら
  • JR豊肥本線、敷戸駅から西へ 4km :七瀬川自然公園のすぐ近く。 七瀬川自然公園に隣接する丘陵裾野の岩肌をくり抜いた、間口 5mほどの石窟の中に馬頭観音、如意輪観音など5体を厚肉彫りしている。 諸尊には赤や青の彩色が鮮やかに残っています。 大分のホテル・宿泊施設はこちら...
    詳しくはこちら
  • 平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻された臼杵石仏。 地名によって、 ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏) ホキ石仏第2群 山王山石仏 古園石仏 の4群に分けられています。 ちなみにホキとは「崖」という意味の地名だそうです。 臼杵・佐伯のホテル・宿泊施設はこちら...
    詳しくはこちら

ご挨拶

苔むした石仏 黙して語らず
私はそんな石仏のいる風景・表情に魅せられ、野に山に訪ね歩いています。
定年後はカメラ片手に好き勝手な毎日ですが、石仏を眺めていると心安らぐのです。
ただ眺めるだけです、そして撮るだけです。
遠い過去からのメッセージを感じつつ。

検索