路傍の石仏 > 石仏

地点区分:石仏

  • JR宇都宮線 栗橋駅から 2Kmです。 国道 125号線に出て加須方面に進み、佐間西交差点を左折 100m先に”羅漢寺”の石碑が出向かいます。 定福院の五百羅漢は素人の人達が彫り上げたもので、NHKで 2回程放映されたように記憶しています。 此処には 3回しか来ていませんが、山門先の右...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR八高線児玉駅の南 6kmに陣身山があります。 その山腹北側の洞窟付近に百観音霊場跡?があり、千手観音や馬頭観音などが多数点在しています。 児玉駅から南下し小平地区の成身院(院内に木造百観音あり)を右に見て進むと、左に曲がる道筋に”岩谷洞”と小さな案内板があります。 そこからガタガタ道を...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 金鑚神社は日本武尊が東征の際に創建したと伝えており、拝殿の奥にある御嶽山を ご神体として祀った神社です。 したがって、ご神体を安置するための本殿がありません。 このように本殿を持たず、拝殿のみの古い祭祀形態をとどめている神社は、長野県の諏訪大社なども含め全国的にも珍しい?ようです。 その拝...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR小海線(八ヶ岳高原線)臼田駅の西1.7kmです。 小高い丘の松林の中に秩父三十四観音像が点在していると聞き訪れてみた。 この松林の麓に旧臼田町滝部落の滝公会場があり、ここに駐車させて頂いた。 満開の藤棚を右に見てツツジの石段を登ると小さな広場に観音堂があり、先生に引率された 2...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 松本電鉄上高地線 渕東駅の北 3.5kmです。 松本市街から西 10kmに梓川ふるさと公園があります。 その公園内の案内地図看板にも載っていますが隣接した七日山の麓に建つ金毘羅宮の裏山に 88体の観音像などが点在しています。 顔部に少し紅い彩色?跡を残し杉林の中に立つ姿が印象的です。 ...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 明科駅の東 6kmです。 行基菩薩や弘法大師の霊場と伝えられ、周囲の岩山に磨崖仏や百体観音などが点在していると聞き訪れてみた。 県道 303を走り会田小学校近くの会田宿交差点を山側に登ると、「岩井堂登り口」 の案内板と参道があります。 少し先の右側に小さな駐車場がありそこ...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 松本駅の北東 3.6kmです。 数年前の近畿日本ツーリストのバスツアーパンフに、この玄向寺が 「ぼたん寺」 と紹介され、長野の修那羅と群馬の吉祥寺と同列?に三カ所載っていた。 修那羅や吉祥寺と同等のスバラシサ?を期待して訪れてみた。 今年開創 450年を迎える浄土宗の...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 明科駅の東 6kmです。 廣田寺の総門から山門への参道に、亡くなった幼児を供養するために建立された百体観音が立ち並んでいると聞き訪れてみた。 総門手前の橋の近くに角型庚申塔が、総門付近には大黒天、筆塚、庚申塔があります。 総門を通ると参道両側に像高50cm程の観音像が整然...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 明科駅の東8kmです。 松本から国道 143号を上田方向に走り、四賀村中川の藤池地区に入ると右側に案内板があります。 車一台が通れる細い道を尾根の方向に少し登ると行止まりで、鯱を載せた神楽殿?とゲートボール場があり駐車できます。 そこから、尾根に続く階段を数分登ると観音堂があ...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 姨捨駅の北東200mです。 姨捨伝説で名高い姨捨山(冠着山)の麓に広がる大小不揃いな棚田、それぞれの田に月影が映ることから 「田毎の月」 として知られ、文人墨客が足を運ぶ名所であり景勝地です。 境内には、小林一茶や松尾芭蕉などの句碑や歌碑が数多く立ち並び、それに囲まれるよう...
    詳しくはこちら
    地点区分:,

ご挨拶

苔むした石仏 黙して語らず
私はそんな石仏のいる風景・表情に魅せられ、野に山に訪ね歩いています。
定年後はカメラ片手に好き勝手な毎日ですが、石仏を眺めていると心安らぐのです。
ただ眺めるだけです、そして撮るだけです。
遠い過去からのメッセージを感じつつ。

検索