路傍の石仏 > 石仏

地点区分:石仏

  • しなの鉄道 小諸駅の西 3.5kmです。 「牛にひかれて善光寺参り」 の伝説で知られる布引山釈尊寺、通称「布引観音」 と呼ばれ親しまれています。 山麓にある登山口の駐車場は大型バスも駐まれる広さです。 山頂近くの社務所脇に乗用車の姿が、、、、車道もあるようです。 参道は自然石を積...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR飯山線 信濃平駅の東 8kmです。 数年前テレビ放送で 「阿弥陀堂だより」 を見たとき、四季の棚田と観音像が数回映し出され日本の原風景?を深く感じていた。 万仏山の麓に映画のロケセットとして造られた阿弥陀堂がそのまま残されており、観音像が立ち並んでいると聞き訪れてみた。 万仏山 (...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR篠ノ井線 松本駅の南西 18km です。 田園風景の広がる田舎道に、雅な姿・宮廷生活を思わせるような道祖神が立っていると聞き訪れてみた。 道祖神は悪霊の侵入をふせぐと信じられた神で、村境等に祀られることが多いが、村の道祖神案内板を頼りに21体中20体を確認した。 雅で凛とした姿...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 松本電鉄上高地線 波田駅の南南西 14kmです。 標高1,200m、松本平を一望する清水高原山中の清水寺境内に観音像がたくさん立ち並んでいると聞き訪れてみた。 ユーモラス?な表情の石像仁王像・門から山門へ延びる参道両側に、百体観音が小雨に濡れた艶やかな顔をして立ち並んでいた。 寺の...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR中央本線 下諏訪駅の北北東 11Kmです。 冬季の降雪も多く、中山道最大の難所と云われた?和田峠の中腹に観音像が立ち並んでいると聞き訪れてみた。 佐久市内から国道 142号を下諏訪方面に走り「男女倉口 標高1100M」の標識を右に曲がり旧国道に入るとすぐ「歴史の道 中山道」の案内板と立派...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR中央本線 木曽福島駅の北 4kmです。 木曽福島から開田高原方面へ国道 361号(木曽街道)を数Km走ると木曽街道が分岐、左に折れ峠道に入ります。 この付近一帯は黒川郷と呼ばれ、村の辻々に 19体もの道祖神が祀られていると聞き訪れてみた。 そこは、山間に流れる黒川に沿って田畑が広がり農...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • JR中央本線 奈良井駅の北 100mです。 中山道 67宿中、江戸側・京側から数えても 34番目の宿場町で、木曽11宿中最も賑わっていたとか。 町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、往時の面影を色濃く残していると聞き、旅の途中に駅前の駐車場に車を停め奈良井川沿えに伸びる 1Kmほどの...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 長野市街から 406号線を鬼無里経由で白馬村へ走り、白馬駅の手前 3kmです。 古いカーナビは 「白馬村南方」 と所在地を表示していた。 そこは、前方に小高い小さな丘を見ながら緩い坂を下り、その丘を右に見て左に大きく カーブした位置で、その丘の前斜面と頂上に西国三十三観音と庚申塔が立ち並んでいま...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 越度峯の石仏から少し先に進み右折し、すぐ先の右に曲がる農道?に入ると右側の広場に立ち並んでいます。 農道脇に駐車スペースがあります。 白馬・小谷のホテル・宿泊施設はこちら...
    詳しくはこちら
    地点区分:,
  • 白馬大池駅から姫川を渡り曲がりくねった道を登り、急角度に曲がった右側の斜面に点在しています。 駐車場は有りません道路脇に止めます。 白馬・小谷のホテル・宿泊施設はこちら...
    詳しくはこちら
    地点区分:,

ご挨拶

苔むした石仏 黙して語らず
私はそんな石仏のいる風景・表情に魅せられ、野に山に訪ね歩いています。
定年後はカメラ片手に好き勝手な毎日ですが、石仏を眺めていると心安らぐのです。
ただ眺めるだけです、そして撮るだけです。
遠い過去からのメッセージを感じつつ。

検索