路傍の石仏 > 四国遍路

地点区分:四国遍路

  • 69番札所 七宝山 観音寺 68番札所から 0km、同じ境内です。 市名も観音寺市、地元の人々から 「おかんおんさん」 と呼び親しまれています。 仁王門先の石段を登ると、右の木立ちの中に本堂が、左に庫裏と 68番 神恵院と共同の納経所があります。 明治の神仏分離令前は、琴騨宮を ...
    詳しくはこちら
  • 68番札所 七宝山 神恵院 67番札所から 8.7km。 四国遍路では札所間の距離が 90kmもある区間があった。 反対に最も短いのが、ここ 68番と69番で仁王門も一緒、同じ境内に建つ珍しい札所です。 仁王門先の石段を登ると現代的な鉄筋コンクリートの本堂が、旧本堂はその先の石段を...
    詳しくはこちら
  • 67番札所 小松尾山 大興寺 66番札所から 9.4km、車 30km。 のどかな田園の中の丘の上に建つ寺で、石橋を渡り仁王門をくぐり、目の前の長い石段を登り切ると正面が本堂、その左右に弘法大師堂と天台大師堂が建っています。 真言と天台の 2宗の大師堂がある珍しい寺です。 また、仁...
    詳しくはこちら
  • 66番札所 巨鼈山 雲辺寺 65番札所から 18.1km、車 30km。 香川県と徳島県の県境に建つ別名 「四国高野」 とも呼ばれた学問道場の寺です。 四国札所で一番高い標高 927mに建つ寺で、かっては四国遍路の難所の一つでしたが、いまは駐車場から 20分ほどです。 また、駐車...
    詳しくはこちら
  • 65番札所 由霊山 三角寺 64番札所から 44.6km、車 50km。 70段余の急な石段を登り切ると梵鐘を吊り下げた仁王山門があります。  鐘をつき中に進むと正面に庫裡、その左が本堂、短い石段を登ると太子堂です。 子授け安産の寺として知られ面白い風習を残しています。 寺から頂い...
    詳しくはこちら
  • 64番札所 石鉄山 前神寺 63番札所から 3.2km。 日本七霊山の一つ、標高 1981mの石鎚山の山麓に建ち、山岳信仰の道場として知られています。 かっては山頂の石鎚神社と一体でしたが明治の神仏分離令により一時廃寺、後に再興した。 寺号に「神」 を使えない時期があり 「前上寺」 ...
    詳しくはこちら
  • 63番札所 密教山 吉祥寺 62番札所から 1.4km。 62番同様国道沿に建つ寺で、象の狛犬?と灯籠を配した城門のような山門が入口です。山門の先、正面奥が本堂、その左が大師堂です。 四国札所の中で本尊が毘沙門天はここだけ?、境内の八角堂に六福神を安置、本尊の毘 沙聞天を合わせ七...
    詳しくはこちら
  • 62番札所 天養山 宝寿寺 61番札所から 1.3km。 国道沿に建つ寺で、境内入口に 「一国一宮宝寿寺」 と刻んだ古い石碑が建っています。 境内工事のため山門解体保存中?、石碑の先、正面奥が本堂?ですが工事中、右奥が仮本堂?、右手前が大師堂です。 境内入口左には僧・真念が建てた...
    詳しくはこちら
  • 61番札所 栴檀山 香園寺 60番札所から 9.6km。 「これが札所?」 誰もが驚く?、これまでの寺とは趣を異にした鉄筋コンクリート 2階建ての体育館のような建物で本堂と大師堂が一緒になっています。 1階は講堂、2階は正面に本尊大日如来を安置し 600人ほど収容できる椅子席ホールです...
    詳しくはこちら
  • 60番札所 石鉄山 横峰寺 59番札所から 27km、車 65km。 四国遍路三番目の関所です。 標高1982m、西日本最高峰の霊峰石鎚山の中腹に建ち、かっては四国霊場最大の難関として知られた寺で、最近まで自分の足で急な坂道を 2時間余も登っていた。 いま、寺への道は、細い町道を登...
    詳しくはこちら

ご挨拶

苔むした石仏 黙して語らず
私はそんな石仏のいる風景・表情に魅せられ、野に山に訪ね歩いています。
定年後はカメラ片手に好き勝手な毎日ですが、石仏を眺めていると心安らぐのです。
ただ眺めるだけです、そして撮るだけです。
遠い過去からのメッセージを感じつつ。

検索